飲食店・レストラン“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアムアジア」

「ベトナム」を含む一覧

  • 【ベトナム発】いつかは逆輸入で日本へ展開を ワンダーキッチンCEO 和田吉史

    ー2017年と2018年に、相次いで3店舗の飲食店をオープンされました。 和田吉史さん(以下、和田):2017年5月にラーメン専門店の「龍神(りゅうしん)」、同年9月に日本料理店「わか葉」を。翌18年には、ワインと洋食が楽しめる「CLOVER」を開きました。 ベトナムとの関わりは9年前に東京の「...
  • 【ベトナム発】日本の居酒屋文化をベトナムへ、世界へ。「しゃもじ」の挑戦

    ホーチミン市中心部のグエンフエ通りは、観光客なら必ず一度は訪れる全長500メートルほどの目抜き通り。炉ばた焼「Shamoji」は通りの北側、市庁舎やレックスホテルといった歴史的なランドマークに隣接した好立地で、2018年11月にオープンした。 オーナーは、ベトナム人のイエン・マイ・リンさん。グエン...
  • 【ベトナム発】ワインと洋食を楽しめる店に WINE & DINE CLOVER

    温かみを感じる木枠の扉、色とりどりのタイルをちりばめた手作り感の溢れる壁。料理一皿一皿への心遣いもさることながら、「CLOVER」の織りなす雰囲気そのものに惹かれて、足繁く通う常連客も多い。 料理は洋食イタリアンフレンチを軸に、手作りにこだわったメニューを提供している。マヨネーズやケチャップ、料理...
  • 【ベトナム発】”餃子のチカラ” 7坪の専門店の底力

    ホーチミン市の中心部に2018年6月にオープンした「餃子のチカラ」。 日本料理店がひしめく日本人街の一角に佇む。外壁は見通しの良い全面ガラス張りで、通り行く人たちの注目を集める。7坪の店舗はコンパクトで機能的。至近距離のキッチンから、鉄鍋のぶつかる音が響き、食欲をそそられる。 共同経営者の一人で...
  • 【ベトナム発】ラーメン店「MASAMUNE Ramen & Bar」が6月15日オープン

    6月15日、ホーチミン市中心部に「MASAMUNE Ramen & Bar」がオープンした。ベトナムと日本の合弁会社「DL&ARコーポレーション」が経営を行う。ベトナムで製菓販売を展開する「DLスイーツ」が、仙台を本拠地とするラーメン店「麺屋 政宗」をはじめレストラン・カフェを経営す...
  • 【ベトナム発】ベトナム・ホーチミン 日系飲食店の進出をサポート ”ヘムの再開発請負人” 永露 仁吉氏に聞く

    ――長年、飲食業に関わってこられたのですか? いえ、6年前にハンバーグレストランのFC経営に関わったのが初めてで、それまではヘアエクステ専門の美容室展開に携わっていました。 ――異業種からの参入で、しかもベトナムに? もともと海外志向は高かったんです。前職の美容業で中国との関わりも強かったし。...
  • 【ベトナム発】おひとり様に嬉しい定食屋「FUJIRO」が5月25日オープン

    5月25日、ホーチミン市中心部の路地裏に、日本の定食メニューが楽しめる「定食屋FUJIRO」がオープン。新潟産のコシヒカリに、食べ応えのあるトンカツをはじめとした御飯の友が勢揃いする、文字通り”町の定食屋”だ。 経験豊かな2人の共同経営者が舵を取る。ホーチミン在住で日系飲食店の出店を支援してい...
  • 【ベトナム発】ベトナム・ダナンで注目を集める日本人経営者 瀬戸直樹氏にダナンの魅力と将来性について聞く

    ――飲食業界に飛び込んだキッカケを教えてください。 小学生のころから、将来は寿司職人になると決めていてね。当時、寿司を食べられるのは、盆と正月くらい。だから、思い切り食べたくて寿司職人になろうと思ってさ。18歳から寿司の世界に入って、31歳まで「銭形鮨」という店で働いていたよ。 ――その頃、すで...
  • ホーチミン市場の可能性を知らしめたパイオニア。「De Salita(デサリータ)」で話題沸騰中のロイヤルダイニングの取り組みとは

    ――なぜホーチミンに進出しようと考えたのですか? きっかけは、当社社長の井上の旅行です。8年ほど前、井上がベトナムに旅行へ行き、ホーチミンの発展に驚いて帰国しました。当時、ベトナムの著しい経済発展は、「VISTA」の一国としても挙げられるほど。もしかしたら、チャンスがあるのかもしれない。そう感じて...
  • [ベトナム発]「サイゴンセンター」に、ホーチミン高島屋がオープン

    株式会社髙島屋及び連結子会社の東神開発株式会社は、シンガポールの大手不動産会社であるケッペルランド社、及びその他ベトナム企業2社と協業し、2016年7月30日(土)、ベトナム社会主義共和国(以下、ベトナム)ホーチミン市に、髙島屋グループとしては、ベトナム初となるショッピングセンター「サイゴンセンター...
  • イオンがアジアに攻勢。ベトナム1号店オープン、年内に2号店、来年以降には3号店も。成長余地に期待、中間層取り込みへ

    イオンは1月11日、ベトナム南部の商都ホーチミン市に、同国1号店となるショッピングモール「イオンモール タンフーセラドン」をオープンした。新店舗は同社にとってマレーシア、中国に次ぐ3カ国目のモール型大規模商業施設だ。「アジアシフト」を戦略に掲げるイオンはアジア地域で店舗網を広げており、新店舗はこ...
Copyright © 2014 Darwin.,Ltd. All Rights Reserved. All Rights Reserved.