飲食店・レストラン“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアムアジア」

ヘッドライン

【ベトナム発】ワインと洋食を楽しめる店に WINE & DINE CLOVER

魚、エビやハマグリなどがふんだんに入ったアクアパッツア。コクのあるスープは一滴残らず楽しめる。
おなじみの野菜から、食用の花まで、目にも鮮やかなバーニャカウダ。
ドアを入ると、まず正面に鎮座する涼やかなボトルクーラー。”魅せる”演出が楽しい。
家庭的な温かさを感じる「街のビストロ」。内装の細やかさにも目を奪われる。

温かみを感じる木枠の扉、色とりどりのタイルをちりばめた手作り感の溢れる壁。料理一皿一皿への心遣いもさることながら、「CLOVER」の織りなす雰囲気そのものに惹かれて、足繁く通う常連客も多い。
料理は洋食イタリアンフレンチを軸に、手作りにこだわったメニューを提供している。マヨネーズやケチャップ、料理とともにサーブされるパン3種(フォカッチャ、バゲット、バターパン)は自家製という、手作りへのこだわりが、メニューのそこここに反映されている。
ランチはセット中心で、前菜や生ハム、サラダやパスタ、リゾットが楽しめるコースメニュー(35万ドン、約1700円)もある。パスタセットは12万ドン(約600円)から。デザートもついたレディースプレート20万ドン(約1000円)も人気。
運営会社のCEOで、オーナーの和田吉史さんは料理人出身で、マネージメントのかたわら自身も厨房に立つこともしばしば。飲食店を展開する「でですけ(東京)」グループの一員として、8年前にホーチミン市にうどん店「えびす」を立ち上げ、独立後は焼肉店を始め、ラーメン店「龍神」と和食店「わか葉」をオープンした。既存店が満席で入店を断ることも、多々あったという。日本人が好きな洋食へのニーズを感じていて、これまでの店づくりの集大成と捉え、路面店でなく路地なかでの出店を検討していた。ニーズはあっても、中規模以上で初期投資も大きい路面店で勝負するのはリスクも高いためだ。
オープン前から、女性客のニーズは予想していたものの、ランチタイムはほぼ女性で占められるという。おひとりさまの利用も多く、ホーチミンの在住日本人にとって”気軽に立ち寄れる店”が、強く求められていたことの裏付けと和田さんは分析する。広告は基本的に出しておらず、呼び込みもしない。にもかかわらず、平日は予約なしでは入店が難しく、売り上げは当初の予想を超えたという。和田さんがマネージメントしている既存店の顧客からの口コミや、広告に頼らずに入店してくれる”目的を持ったお客さん”に支えられているそうだ。
「CLOVER」の夜のメニューは、前菜(16種)、アクアパッツアをはじめとした魚料理、サラダ、ビーフシチューなど肉料理(7種)。パスタ、ピザはもちろんのこと、アヒージョやフォアグラ大根などのオリジナリティあふれるスペシャルメニュー(8種)に、その日のおすすめ、と幅広い。価格帯も5万ドン(約250円)から40万ドン(約2000円)前後と選びやすい設定だ。
客足は好調だが、多店舗展開について和田さんは冷静に捉えている。
「もし機会があるとすればハノイへの出店かなと。でも洋食のニーズは局地的なので、広げるよりも既存店のブラッシュアップを図るのが肝。店もメニューも、これだけ作り込んだのだから、長く良い状態を保っていくのが優先」と襟を正している。

(取材=迫田陽子)

店舗データ

店名 ワインアンドダイン クローバー
住所 8A/A3 Thai Vang Lung streeet,Ben Nghe Ward, Dist.1, Ho Chi Minh City
電話 028 7300 4656
営業時間 Lunch 11:30am~2:00pm、Dinner 5:00pm~0:00am (L.O.11:00pm)
定休日 不定休
坪数客数 40坪 44席(カウンター6席含む)
客単価 70万ドン〜80万ドン(約3500円〜4000円)
運営会社 ワンダーキッチン
オープン日 2018年9月25日

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 Darwin.,Ltd. All Rights Reserved. All Rights Reserved.