飲食店・レストラン“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアムアジア」

[タイ発] 肉寿司、タイ初上陸!バンコクの飲食店激戦区トンローに1店鋪で4業態のメニューを提供する「THE INASE CHOICE 4」がオープン

THE INASE CHOICE 4


5月15日、スパイスワークスの下遠野氏が代表を務めるGolden Works Thailand Co., Ltd.(代表取締役 下遠野 亘、取締役 田野 治樹、山内勇太)は、バンコク都内トンロー地区に飲食店の 新たなアウトバウンドの形として「THE INASE CHOICE 4」をオープンした。

THE INASE CHOICE 4THE INASE CHOICE 4は、テナントという考え方のもと4つの業態で構成されている。それぞれの業態は独立したメニューブックを用意し、それぞれのテナントの屋号が記されている。その4業態とは、すでに2013年からバンコクで展開していた「目利きの銀次(みたのクリエイト・代表取締役CEO 田野治樹 )」が、これまで展開してきたメニューの中から鮮魚料理を中心に提供する。つぎに、海外初出店となる日本で人気の「肉寿司(スパイスワークス・代表取締役社長 下遠野亘)」が、寿司を中心にした肉料理を提供。

また、タイではすでに競合店が多く出店し競争の厳しいラーメン業態と焼きとり業態も加わる。日本国内で直営店40店鋪を展開する家系ラーメンの「町田商店・Gift 代表取締役 田川翔)」はシンガポールに続きタイ初出店。都内を中心に焼鳥酒場を展開する「本田商店(Rings・代表取締役 高山亮)」は海外初出店となる。

今後の展開としては、今年の11月にスクムヴィットソイ26のKビレッジにある目利きの銀次も「THE INASE CHOICE 4」としてリニューアルオープンする。出店するテナントも今回と同様に目利きの銀次と肉寿司を中心にした業態を予定している。

Golden Works Thailandでは、日本でも人気の飲食店の集合体「横丁」をさらに進化したかたちでタイに持ち込み、日系飲食の海外進出の「ハブ」となる新業態を目指している。INASE Choiceという箱の中にお店の空間を提供し、しっかりと教育したスタッフを用意し、この箱が日本から進出してくるお店の受け皿となっていくという意味で、飲食店の海外進出のハードルを下げていくことが狙いだ。

■店名:THE INASE CHOICE 4
■店舗規模:240平米 152席
■営業時間:年中無休 17:00〜0:00
■住所:115 Sukhumvit Road 55 (Thonglor), Khet Watthana, Bangkok 10110
■関連リンク:Facebookページ

ニュースフラッシュ一覧トップへ

Copyright © 2014 Darwin.,Ltd. All Rights Reserved. All Rights Reserved.