飲食店・レストラン“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアムアジア」

[タイ発] 小樽らーめん豆の木が海外一号店をバンコク・トンローに出店

小樽らーめん豆の木


小樽らーめん豆の木「豆の木タイランド(Mamenoki (Thailand) Co., Ltd)」は、11月11日、「Japanese Ramen Bar MAMENOKI」をバンコク都内トンロー地区にオープンした。同店は、埼玉県と千葉県を中心にラーメン店を6店舗展開する「小樽らーめん豆の木」の海外1号店となる。

「小樽らーめん豆の木」は、店主である久保正弥氏が25年間に渡るイタリアンシェフとして経験を積んだあとに独立開業。北海道小樽での「秘伝のタレ」との出会いから生まれたラーメン店。タレだけでなく味噌、麺に至るまで、産地・材料すべてこだわり抜いたラーメンを提供する。

「豆の木タイランド」では、久保正弥氏が日本より「秘伝のタレ」をタイへ持ち込み、自ら厨房に立ち、試行錯誤を繰り返しながら、こだわりのラーメンを完成。バンコクにおいても日本と同じクオリティーの味を実現した。

■店名:Japanese Ramen Bar MAMENOKI
■店舗規模:100平米 35席
■営業時間:月曜~日曜 11:00 – 1:00
■住所:44/11 Soi Akapat, Khlong Tan Nuea, Watthana, Bangkok 10110
■関連リンク:
Japanese Ramen Bar MAMENOKI Facebookページ
小樽らーめん豆の木 ウェブサイト

ニュースフラッシュ一覧トップへ

Copyright © 2014 Darwin.,Ltd. All Rights Reserved. All Rights Reserved.