飲食店・レストラン“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアムアジア」

「ミシュラン・シンガポール」日系レストラン8店舗が受賞!


7月21日、東南アジアで初のミシュランガイドとなる「ミシュランガイドシンガポール」が発売された。日系からは寿司、中華、和食、イタリアン、フレンチと多岐にわたるジャンルから計8店舗が受賞し、日系レストランのクオリティーの高さを示した。

 

1つ星は22店舗が受賞。日系レストランからは創作和食の「Waku Gin」、すし道「Shinji」、フレンチ「beni」、イタリアン「terra」、銀座「鮨一(すしいち)」の6店舗が受賞した。

2つ星は6店舗が受賞のうち、日系レストランからは「小康和(しょうこうわ)」、「四川飯店」の2店舗が受賞した。「小康和」は1つ星を受賞した「鮨一」と同系列のアッパーブランド店。オープンして4ヶ月のスピード受賞となった。

3つ星はリゾートワールドセントーサにあるフレンチ「Joel Robuchon」のみが受賞した。

 

また今回、「Hong Kong Soya Sauce Chicken Rice & Noodle」「Hill Street Tai Hwa Pork Noodle」の2店舗が、ホーカー(屋台)では初のミシュラン受賞となった。いずれもS$3〜6で料理を提供しており、ミシュランは低価格帯の店舗でも受賞できることを示す結果となった。

 

■関連リンク:ミシュランガイドシンガポール2016

ニュースフラッシュ一覧トップへ

Copyright © 2014 Darwin.,Ltd. All Rights Reserved. All Rights Reserved.