飲食店・レストラン“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアムアジア」

インタビュー

170221_header_interview

【バンコク発】Kenji's Labオーナーシェフ中山健次 〜虚飾を拒否し、食へのこだわりでバンコクの飲食業界に挑む「食のクライマー」〜

毎週ムエタイジムに通いカラダを鍛え、暇を見つけてはタイや近隣諸国の壁を目指してクライミング。そして、自ら仕入れや仕込みもこなし、厨房に立ち腕を振るう。タフでストイックな料理人中山健次。彼がオーナーシェフをつとめる「Kenji's Lab」には連日、日本人、欧米人、タイ人などあらゆる人種が集まりいつも満席状態。特に深夜の時間帯になると同業の飲食店関係者が常連客としてカウンターに並ぶ。
2008年に来タイ、バンコクでインドネシア、タイ、イギリス人がオーナーの多国籍料理のレストランにて日本食の責任者に就任。2012年には独立してバンコクの食の激戦区トンローエリアに自らの名を冠した「Kenji's Lab」をオープンした。料理人として店を切り盛りする一方で、日本からの食材を紹介する催しに参画してメニュー開発、調理指導を依頼されるなど食のプロデューサとしての取り組みにも積極的だ。
日本のフジテレビが企画協力したタイでも人気の料理人対決番組「タイ版・料理の鉄人」(Iron Chef Thailand เชฟกระทะเหล็ก ประเทศไทย)では数少ない日本人審査員として活躍。日本からのゲスト鉄人として陳建一が登場した中華対決のときにも出演した。
そして、2017年2月、どんぶり専門店「よーい丼」をバンコク・プラカノンエリアにオープン。さらに、新店舗、新業態の準備を次々と進めている。


(取材=まえだ ひろゆき)

インタビュー一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 Darwin.,Ltd. All Rights Reserved. All Rights Reserved.