飲食店・レストラン“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアムアジア」

インタビュー

タイ バンコク 格安ラーメン しゃかりき

【バンコク 格安ラーメン 紛争勃発シリーズ】第二回「ラーメン432"」 バンコクのラーメン市場にノック!狙いはタイ人マーケット。

2012年に一号店をオープンしてから4年間で19店舗。まさに タイ で一番勢いのある日系居酒屋「しゃかりき432"」。その しゃかりき グループが突然、99バーツの 格安ラーメン 店を始めた。群雄割拠、栄枯盛衰、弱肉強食と言われ、200店舗を超すラーメン店がひしめき合う激戦区 バンコク でなぜ今ラーメンなのか。居酒屋チェーンがラーメン業態へ進出する意味とは。社長の清水友彦氏にインタビューした。


タイ バンコク 格安ラーメン しゃかりき

ーバンコク で飲食店を始めたきっかけは?

清水:元々は2002年に大阪で「しゃかりき432″」をオープンして、順調に6店舗まで拡大したんやけど、8年目からぐらつき始めた。当時は接客スタイルの店でやってたんやけど、スタッフが抜けるとあかんねん。どうにも行き詰まって、海外にでも目を向けてみよか?おもて、ちょっと傷心系で、遊びでタイに来たのがきっかけやね。2010年やったかな?それからタイで店やったら面白いんちゃうか?と思い、大阪の店を4軒売って資金を作り、1000万くらいになったんすよ。それを握りしめてタイで始めたのが2012年やね。

タイ バンコク 格安ラーメン しゃかりき

ーなぜ今ラーメンを始めようと思ったのでしょう?

清水:きっかけは、やっぱ「七星」さん、あそこがズバーって当たってたんで、市場的にちょっと一回ノックしようかな?と。どこも200バーツ前後の価格設定やから、100バーツ以下の 格安ラーメン出して、七星さんに追従すれば、バンコクの日系ラーメン界も変わるかな?おもて。もともと麺屋さんとは居酒屋メニューの取引があったんで、始めるのはスムーズやったね。工場で自分の好きな味を作ってもらって、そのスープを基に、「しゃかりき432″」アソーク店の前と、パタヤでテストオープンさせ、お客さんからのフィードバックをもらって、ここをオープンさせたんが6月末やね。
そのあと、一回テコ入れしたんすよ。味が多少ブレたり。例えばレードル40mmをタイで買うたんですが、実は40mmじゃなかったとかとか(笑)。タイならではのそんなんとか、お客さんからのクレームやらなんやらを一回まとめたのを反映させて今やね。

ーここの客層は、日本人タイ人、どちらが多いのですか?

清水:タイ人6、日本人4、タイ人の方が若干多なって来たね。朝5時までやってるんで、日本人の人は飲み帰りにちょちょっときて食べて帰るとか、12時以降に団体で来たりとか。ただ、今増えて来たのは、学生の女の子とか、昼とか夕方とかにちょこ喰いなんですね、ハーフとか。麺が120の半分で60くらいがだいたいクイッテオと同じくらいやね。あの量がええんやろな。
このまま一ヶ月くらい様子見て、また意見を聞いてやね。タイ人は、やはり日本のラーメンは大きいねんな。そいで最近ハーフサイズいうのを出したんやねんけど、これを出してから風向きが変わったね。あくまでもウチはタイ人ターゲットで行きたい。ローカルに受けんといかんね。

タイ バンコク 格安ラーメン しゃかりき

ー今後の展開、多店舗化は考えてますか?

清水:もちろん、狙ってるよ。1店舗だけじゃ儲けが薄い。でも、フランチャイズは考えてへん、あくまでも直営。フランチャイズやると、味や方向性が絶対ブレるねん。他のお店はうまくやるかも知れへんけど、あくまでもウチは、直営以外ない思てる。

ーラーメン屋ならではの難しさとかありますか?

清水:ラーメン屋は、味が悪ければダメやから、その辺はシビアやね。スープ自体も、保存状態でもブレるし、麺も1日目と2日目では乾いたりして。生麺って生きてんすよね。それで結構変わっちゃう「ええー」みたいな。あと器がプラスチックなんで冷めやすい。お皿もロスがでえへんように、プラスチックにしゃかりきのロゴが入ったやつにしたんやけど、それも欠点があって、熱が逃げやすい。あとはスープの濃ゆさとか、いろいろですわ。
居酒屋は店舗展開するのもパワーも要るし、お金も人も要るけど、ブレにくい。変な意味ごまかしが効くねん。メニューも多いし、好みも分散するけど。でもこの単体商売のお好みやらラーメンやらって言うたら、そこにしかフォーカスされないんで、ごまかしが効かない。でも一回やって見たかったんすよ、単体商売が。前に、お好みと、串カツやったけど、串カツは三ヶ月でやめたね。引くのも早いすよ。

タイ バンコク 格安ラーメン しゃかりき

ー七星では一日200杯を下回ったら採算取れないらしいですが。

清水:そら、出るに越したことはないけど、100杯は切ってないね。土日の昼はファミリーとかであついけど、平日の昼が弱いね。その分ビールが出るんすよ。安く飲むんやったら、居酒屋「しゃかりき432″」でなく、ラーメンやろうし、あと、はよ帰りたい時、もうラーメン食ったら勝手に帰る流れんなるから使いやすい、居酒屋やったら長いことおらなあかんから面倒とか。そう言うのを聞きますね。そういえば、デザート系ないな、。置いてもええな。あれ今考えてんや「メロンパンアイス」大阪でブレイクしてる。メロンパンを切ってアイスが入ってるんすよ。大阪の学生たちに大ブレイク。
七星といえばね、オープン2日目に、むこうの社長が来たんすよ。俺全然知らんくて。ほんでやたらラーメンのこと言うてくるから「そうっすねー、七星で当たってんから俺もやったんすよ」って喋っとって。で、あれ?これ七星の社長やん!って(笑)。七星潰すとか、言わんでよかったって(笑)。でもまぁ喜んでた。一緒の方向性で便乗してくれた方がええって。

タイ バンコク 格安ラーメン しゃかりき

ー近年のタイの日本食店についてどう考えてますか?

清水:今は日本人より、タイ人が仕掛けてんのが怖いね。やっぱね、タイ人の経営者が多なってきてん。日本をよく知ってるタイ人が自分なりにアレンジして、いい感じのが多いねんな。値段も安いしタイ人が何考えてるかわかってんから、怖いね。早よそっち側に目向けてブラッシュアップしてかんと。その辺の動向はすごく気になるね。最近は日本人の店より、タイ人経営の店をパクりたい。

ー今後の展開は?

清水:まずはこのラーメンをしっかり成功させて、そしたらここでカレーやるつもり。カレーも軌道に乗り始めたら、カレー単体でお店出す。あとは来週バンナーに居酒屋「しゃかりき432″」がオープンする。それと大阪にタイ料理屋さん、小さめの。ちょっと変わったところだと、個室で高級なアッパー狙いの店やりたい。
あと、コラートとかタイの地方はやろう思てる。みんなフジ(レストラン)とかには飽きてるんすよ。そこに「しゃかりき432″」みたいのがあれば、これなんやろな?みたいな感じで来るんすよ。なんせね、パッケージとしてショッピングモールが一番やりやすい、70席くらいの。初期投資も少なくて済むし、扉いらんし、トイレ要らんし、エアコン向こう持ちやし。ああいうのをちょっと狙ってる。あとは何も知らん土地でいきなり店舗構えんのは怖いねん。
とにかく、止まるのが怖いんやと思う。清水最近おとなしな、って思われるのが嫌やねん。全てにノックやないけど、可能性あったら試したいね。生意気やと思てる人も多いやろけどね。

タイ バンコク 格安ラーメン しゃかりき

ー日本からタイに進出しようとしている方へ何かアドバイスなどありますか?

清水:日本からの相談で誰々の知り合いでとか、話する人多いけど、なんか日本あかんからタイにこよか言うくらいの人は、来ない方がいいすっよ言うてる。
誰か送り込もうか、って人も、お前が来い、って言うてるね(笑)。2番手3番手が来てもうまくいくわけない。そんなやつとは話したない。ま、一年後かな?って人の話も聞かへん。三ヶ月以内やね(笑)。一年後どうなってるかわからんもん。でも本気で来るならもちろん話を聞きますよ。

ー本日はありがとうございました。

(聞き手/高岡英樹、まえだひろゆき)


清水 友彦氏プロフィール
1975年に大阪で生まれる。2002年に大阪でしゃかりき432″を始め、2012年よりタイに進出。「見切り発車」をスローガンに、瞬く間にタイ国内13店舗、ミャンマーに2店舗をオープンさせる。タイで最も勢いのある日本人経営者の一人。
【店舗情報】
店名(かな):ラーメン432″(らーめんしみず)
住所:883/1 sukhumvit road klongtan nua wattana bangkok 10110
アクセス:スクムビットソイ47と49の間、BTSトンローより徒歩5分
電話:02-258-4432
営業時間:11AM〜5AM
定休日:なし
駐車場:なし
坪数 席数:80平米  70席
客単価:非公開
売上:非公開
しゃかりき432″ Facebook Page

インタビュー一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 Darwin.,Ltd. All Rights Reserved. All Rights Reserved.