飲食店・レストラン“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアムアジア」

ヘッドライン

「エンターテイメント・ジャパニーズレストラン・AKAFUJI」が5月22日マレーシア ジョホールバル州にオープン。

一戸建てのうち1階、2階部分が店舗。ド派手な外観が目を引く
スタッフはコスプレで顧客を迎える
刺身盛り合わせロングバージョン。一番人気メニュー
赤富士丼。ローストビーフを富士山のように盛ってボリューム満点
北爪 大輔 代表取締役

株式会社クリエイティブママ(北爪 大輔 代表取締役)の海外法人CREATIVE MAMA ASIA SDN BHDはマレーシア・ジョホールバル州で5月22日、「エンターテイメント・ジャパニーズレストラン・AKAFUJI」をオープンした。テーマは「大人の遊び場をマレーシアの人達に」。娯楽の少ないマレーシアの人達の間で早くも話題となっている。

親元となる日本法人のクリエイティブママは芸能関係を主な顧客としたケータリングサービスと宅配弁当の会社である。ロケやコンサート会場のスタッフに提供するケータリングサービスや宅配弁当が評価され、これまで業績を伸ばしてきた。そんな企業がなぜ、エンターテイメント・ジャパニーズレストランなのか。北爪氏曰く「最初は従来のサービスを提供したかったが、まだまだ日本食を知らない人が多い。ケータリングや宅配弁当を始める前に日本食の啓蒙活動が必要だと思った」 そして、改めて現地でマーケットリサーチをすると、「大人の遊び場」となるような娯楽施設が少ないことに気づく。現地の人達が求めている「大人の遊び場」を提供しようと思考錯誤した結果、生み出されたのが「エンターテイメント・ジャパニーズレストラン・AKAFUJI」なのだ。

同店には三つの特徴がある。
一つは12時からランチタイム、18時からディナータイム、22時からはディスコ・バータイムと3部構成となっていることだ。これは中華系マレーシアンが食事をしながらアルコールを飲むのではなく、食事のあと2件目でアルコールを飲む習慣に対応するためだ。22時になると突然照明を暗くしてミラーボールが回り出し、ディスコ&バータイムが始まる。顧客はアルコールを飲むために2件目に移動する手間が省けるというわけだ。

二つめはエンターテイメントレストランというだけあって、ホールスタッフが忍者や侍、メイドといったコスプレで顧客サービスをしていることだ。顧客は実際にそのコスチュームを着てみたり、スタッフと一緒に写真を撮ったりと日本のコスプレ文化を楽しんでいる。「現地スタッフがこのコスプレをしてくれるか心配でしたが、実際にやり始めると、スタッフ自身が楽しんで、やりがいを感じてくれているので安心しました」と北爪氏は胸をなでおろす。

三つめは魚や牛肉、野菜などを週に2回日本から空輸し、フレッシュな日本産の食材を提供していることだ。店内で日本産直野菜の販売もしており、トマトや新玉ねぎ、大和芋などが人気を集めている。新鮮な刺身や和牛も現地の人達に人気があり、刺身盛り合わせロングバージョンRM98.80(約3000円)やローストビーフで富士山を作った赤富士丼RM39.8(約1200円)などが人気だ。また、300g約10000円の米沢牛が売れるなど、高級食材を好む顧客が多いという。高級食材が売れる背景にはジョホールバル州ならではの事情がある。マレーシア・ジョホールバル州はシンガポールと海峡を隔てて隣接しており、シンガポールで働いている人が多い。シンガポールで働いている人はマレーシアで働いている人の3倍の所得があると言われており、富裕層が多いのだ。

このように日本テイストの多様な付加価値を提供することによって、人気を集めている「エンターテイメント・ジャパニーズレストラン・AKAFUJI」だが、出店に際しては苦労も多かったようだ。マレーシアはライセンス社会で、会社を立ち上げるにも、お酒を出すにも、店の看板を出すにも、ありとあらゆるところでライセンスが必要であり、時間もお金もかかる。時にはアンダーテーブルを要請されることも。東南アジアではよくあることだが、英語もそれほど堪能でない、しかも初めて飲食店事業をするという北爪氏にとっては分からない事だらけだったという。

「初めての飲食店事業をよくマレーシアでする決断をしましたね。どうしてその決断ができたのですか?」と訪ねてみた。「うちの会社の理念は [一歩踏み出す勇気を] なんです。一歩踏み出せる人にしか成功はできないから」と北爪氏。

最後に今後の事業展開を訪ねてみた。「まずはAKAFUJIブランドをジョホールバル州で2〜3店舗展開して定着させたのち、2〜3年後にはシンガポールでの出店を目指します。そしてゆくゆくは、マレーシアとシンガポールで、日本と同じケータリングサービスと宅配弁当事業を展開したい。自宅や職場で気軽に日本食が食べられる、そんなサービスを現地の人達に提供したいのです」と目を輝かせる北爪氏。今後の動向を要チェックだ。

店舗データ

店名 エンターテイメント・ジャパニーズレストラン・AKAFUJI
住所 No9, Jalan Kolam Air 2, Nongchik Riverside, Johor Bahru, Malaysia
電話 +60 7207-1323
営業時間 12:00~15:00 18:00~02:00
定休日 月曜日
坪数客数 100坪 80席
客単価 RM40~50(1200円~1500円)
運営会社 CREATIVE MAMA ASIA SDN BHD
関連リンク Entertainment Japanese Restaurant AKAFUJI
関連リンク 株式会社クリエイティブママ

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 Darwin.,Ltd. All Rights Reserved. All Rights Reserved.